恋愛の重いってなに

「重かったから振られた」
よくある話だと思う

イメージとしては恋愛初心者とメンヘラに多い
そしてこの世の中のほとんどの人が恋愛初心者
だから基本的に重い
特に男
重い男はキモイ男
重い女は最初だけは価値ある
(男は愛されたい・認められたいから、過大評価してくれる女は需要ある→すぐ飽きる)

重いの定義は人によって違うが、定義としては
【自分が相手に持っている愛情を超える量の愛情を与えられると、重い】となる

誰だって、大好きな人には「大好きいいいいい」となる
好きな人にまで冷たくて興味を示さない人はいない

「大好きいいいい」から一番遠い存在としては、クールな男が思い浮かぶが
そういうのは
不器用で表現が苦手なのか
本気で恋愛する気ないのか
気持ちを伝える必要が無いと思ってる
こころでは「はぁ、かわい」って思ってもわざわざ言わない

なので「私は重い人間」というのは存在しない
ただ「私は距離感を図るのが苦手で暴走する人間」は存在する

このラインを超えたから重い 大好きって言っちゃダメ 高いプレゼントあげると重い
という定義にはならない

重いがキモイ

重いのがキモい理由

怖いから。
愛情が大きいというデメリット
束縛されそう。私の良いところしか見てなさそう。私を喜ばせたいというより、ただ愛を伝えたい。愛を伝えたら返ってくると思ってそう。
みたいな。。。

なんか今日まとまらないなあ

とにかく余裕ありそうな方がモテるよ

シェアする