男が女を守るということ

久々にゲスくない話

「お前を守ってやる」とか
「大事にする」って言うけど
どうやんの?って話

9割以上の男が間違えている

まず守ると過保護の違いが分かっていない。
だから守っていると思いながら、ただ過保護なだけ、ただ重いだけ、ただ依存しているだけっていう人が多い

それが最近の男がキモイ原因でもある。

最近トラブルが多い
夜道で襲われる事や、セクハラされる事や、痴漢に会う事。

それを、常に一緒に居れるわけではない男は守れない。
だから彼女の「そうならないように」促す

現場で守るのではなく、事前に防止策を伝える。
スカートを穿くな。夜で歩くな。ちゃんと連絡しろ。男と二人で出かけるな。と

そんな事してたら強くなれないよ女が
女は男に力で勝てないから、情報で勝つしかない
コミュニケーションで勝つしかない
だからコミュニティを広げなくてはいけない
そのためにたくさんの人と話して、たくさんの場所に顔を出して、たくさんの経験をしなくてはいけない
男以上に外に出る機会を増やさないといけない

なのにそれを男が邪魔する
女を弱くする
何も出来ない女が生まれる

女に厳しくしろと言っているわけではない
痴漢を推奨しているわけではない
危険でもなんでもいいから経験しろと言っている

人間実際危険にあわないと、本当の危険を理解しない
そして危険に接すればするほど敏感になって強くなる
だから危険な目には早いうちにあったほうがいい

それを邪魔するのは「守る」ではない

本当に守るのは、どこかでやらかして家を特定されて追いかけまわされている時くらいでいい
「世界中を敵にしても俺だけはお前の味方」みたいな話
お前だけが彼女を信じてあげる そういう守り方

夜道歩いてて殺されるのなんて男も確立は同じ。レイプは知らん
高知県レイプまじで多い

浮気してんのかどうか疑うのが守ることじゃない
別に遊んでもいいじゃん
ほかでセックスしてもいいじゃん
最後に帰ってきたら
その帰ってくる場所を守るのが男
居心地の良いものにするのが男

楽しくもないのに愛の重さだけで守れるものなんてなにもない。

シェアする