女って大変だなあって話

今まで散々「女って楽だよなー」って書いてきた。
寂しかったら肯定してくれる人間がすぐに現れるから。

けどそれもそれで大変だなーって側面を書く。

肯定感

肯定感は大事。
他人から存在を認められることはすごく幸せ。
仕事の実績を評価されることや、
作品を評価されることなど。
そして簡単なのは、セックスをすること。

セックスをしている最中は「求められている」。
「あなた自身の価値」ではなく「身体」が目的だとしても、
「身体を求められる」という肯定感。

セックス以外で肯定感を得るのはなかなか難しい。
実績を作ることって大変だから。

恋人ができれば、かけがえのない存在となることができる。
だからみんな恋人を作りたがるのだろうか。

そのために「誰でもいいから付き合いたい」「だれでもいいからセックスしたい」と、男と女が言った場合
女はすぐに見つかる。
男は見つからない。

つまり
男は、自分自身の価値を高めないと認められない
女は、自分自身の価値を高めなくても認められる

だから一時的には女は楽だねーって話をしたし
そのせいで自己価値を高める努力を怠るから「女は男より馬鹿」という話を今まで書いてきた。

今回はその逆の側面を見てみた。

成功したとき

女が
・かっこいい彼氏を作ろうが
・金持ちの彼氏を作ろうが
・仕事で成功しようが
・良い作品を作ろうが

女が美人なら「顔のおかげ」といわれる。

・いかに中身を磨いても
・顔を良くするために努力していても
・スタイルキープのために努力しても
・仕事のための成果を出したとしても
「女だから優遇されたんだろ」という視線がある。
さらにいえば、実力で仕事を勝ち取ったとしても
「仕事が関係ないルックスで評価される」ことがある。
【プロゴルファー写真集】【アナウンサー写真集】などである。

そこを割り切って「仕事もできるし」「顔もいいでしょ」と言えたら良いが。
自分が評価されているのは「仕事ができるから」なのか、「顔が良いから」なのか、分からなくなる。

つまり言いたいのは
女は正当な評価を受けにくい。

そんなことを気にしなければ、
「同じ努力をして結果が出やすいのは女」
だと思う。

だが自分自身と向き合うことが難しいのも女だと思う。

まとめ

俺なりにいろいろ考えて書いたけど
ここまで考えて肯定感について悩んでる人なんて、たいしていないんだろうなって思った。
その自分の評価が分からない寂しさすらも、身体を晒すことで一瞬で解決される。
イージーじゃん。

まあこんなくだらないデメリットよりも、メリットがでかすぎてせこいよなーなどと。

以下
別記事に書きたいこと
そのメリットをメリットとして使わない女は、本当に女である意味が一切ない。
メンタル不安定で体調不安定な女であることで、ただ損をしている。
身体も外見も利用して男をうまく使う。
そうやって胸を張って生きていけばいいと思う。
こんな記事を書く俺へのせめてもの仕返しになるんじゃないかな。

だってそうされたら俺は勝てないし、うらやましがるしか出来ないから。

シェアする