恋は始まるもの

少し前に、人と意見が食い違った事がある。
俺「恋は始めるもの」
相手「恋は始まるもの」

俺「恋愛における運命はない」
相手「恋愛における運命はある」

という食い違い。
その食い違いが今解消されたから、共有する

以前の俺の言い分

恋は始めるもの。なぜなら始められるから。
元ホストです。恋は始められます。
相手のペースに会話を合わせて、
相手の好きな話題に便乗して、
ちょっと接触回数増やして、
相手の都合の良い時間を探って、タイミングよく連絡して、
ちょっと自己開示してみたりして、
ちょっと相手の深い話を聞いてみたりして、
共通点探してみたりして、
共通の敵作ったりしてみて、

という、全てうそだとしても相手は俺に惚れる。惚れさせたから。
つまり恋を俺が意図的に始めた。
でも相手からしたら、俺が嘘ついているかどうか分からないし、本当に合うと思って、恋する。
俺が嘘つこうが、嘘をつかまいが、それは恋じゃん。

だから運命なんてないし、結局演出可能なもの

相手の言い分

それは違う。
合う人とは頑張らなくても合う。
それが恋。

それに出会えるという運命。

対する俺「相手は頑張ってないよ。俺が合わせて、恋だと思ったらそれって恋じゃん。」

という論争をしていた。

結論

相手にとっては恋だが、俺にとっては恋ではなかった。

以前の俺の思考
・好きな人が出来て、好きになってもらうために、演出するのは当たり前
・どっちかが始めようとしないと始まらない

今の俺の思考
・演出しないありのままが合う人がいる
・本当に一言伝えるだけで、それ以外は自然と始まる

一方にとっての恋は始める事が出来るが、続かない。始めた側が無理してるから。
だから続く恋というのは始まる恋。

だが、その相手に出会えたのは運命ではなく幸運。
だから未だに「運命なんてない」とは思うが、恋の話はこれで片付くのではないでしょうか。

と、論争した人に伝えたくて書いたけど、面白いからみんなも読むかなーと思ってブログに書いた

シェアする