表現を追い求めた根源

さあ、
「表現を追い求めすぎて苦しいんです」という話を最近書いてきて、
もう表現なんて嫌いだし、なんなら人間嫌いだからもう関わらないなんて言ってたけど
ちょっと次なる答えっぽいものが、見えて来た。

だから、これまで俺が何を追い求めてきたかを一度整理し、掘り下げてみる。
その後、今後について考える。

根源を書き出す

【幼稚園の頃】は、
人間関係なんて考えた事がなかった。

【小学生の頃】も、そんなに。
あるとしたら、
「馬鹿みたいに思った事言うやつ」って馬鹿だなって思うと同時に、少し羨ましくもあった。
馬鹿の世界って、【発言数の多さ×声の大きさ】が中心みたいな世界だと思ってたし、今でも思ってる。
そういう意味では、おっきい声出して、言いたい事いってるやつのほうが自由だったと思う。
静かな子の方が、わりに合ってないなとかも思ってた。

【中学生の頃】は、
部活の友達以外にも、クラスメイトとも、他クラスとも仲良く出来ていた。
いわゆる陽キャラ。
人生のピークなのか。

そこで、人間関係ってなんなんだろうなって思ったのは、
中学になっていじめがあった。
加害者にもなったし、被害者になりかけて回避したりなんかもした。
だからより一層、距離感って大事だなとか思ってたし、
考えなしに動く事ってろくな結果生まないなとか思ってた。

このあたりから、対個人だけでなく、対集団を意識し始めた。
対面で会話するとしても、うるさいと周りの迷惑だし、
キモい話をしているとキモいし、
そういった周りの目を気にするようになった。
得をするためというよりは、損をしないため。

その時はでもそんなに大きな視点は持ってなくて、
仲間は裏切らないように思考を管理すること。
不穏分子には早めに声をかけること。
敵について一番考え、対応すること。
興味ない人でも、ワンクッションで会話できるようにという距離感は保つこと。
そんくらいしか考えてなかった。

【高校生の頃】に生き方が変わったかな。
もともと新しい人と話すのは苦手だった、
だが、今までその機会がなかった。
ないから追い込まれる事がなかった。
高校入って、知らない人だらけでこまった。
唯一しゃべれる人が同じクラスに一人、顔見知りが2?3?
隣のクラスの明るい女の子と仲良かった。くらい。

高校に入ってから、陰キャラの友達と、お笑いキャラの友達が出来た。
陰キャラの子は次第に話さんなったし、
お笑いキャラの人は仲良いけど、みんなと仲いいけん俺とだけおるわけではなかった。
元々のしゃべれる人も、そんなに好きではないし。
なんて考えつつも、クラスの集まりとか、陽キャラグループと話したり、女の子に話しかけられたりと、高校生活の出だしは良かったけど、
でも、何か違うなって思った。そっから休み時間は本を読む生活。
そこで、頑張らなかった。

多分もう、全体を管理することを諦めた。
高校になってみんなの思考が複雑化して管理できそうにないって思ったのも原因のひとつ。
だからもうどのグループにも入らなければ、いざこざもないし、頑張ったりもしなくていいと思った。
それでずっとひとりでいた。

会話するチャンスはいっぱいあったけど、面倒くさくなるのが嫌でこっちから避けた。
この辺からもう、人と関わる力を育てる気がなかったし、そもそも自分にない事を自覚していた。
ただパソコンに没頭していたので、必要だと思わなかったし、自分がダメだとも思わなかった。

1年、2年と友達がほとんどいない状態で過ごす。誰とでも適当に話せる程度。
話しかけにくいと言われ、大人びていると言われ、人とは距離があった。
3年になって、なんか嫌になった。
他人が嫌になった。
きっかけがあったのかどうかは分からない。
耐えれなくなって学校に行くのを辞めた。
ここで自覚した。「俺は人と関われないコミュ障で、能力がないんだ。」と。
そこからコミュ力を身に着けようと思った。
意見を言えるようになるために。
友達とかちょっと作ってみても面白いのかな。とか。

そしてこれである
俺の努力をみてくれ【人間関係編】

根源を探る

さて、見えてきた。

・ただ、しんどくない距離感を掴みたかった
・人を都合よく使いたいわけではない
・面白い人になりたかったわけではない
・人気者になりたいかったわけではない
・特定の人と仲良くなりたい思いがあったわけではない

つまり元々は、成長思考というよりも、改善思考だった。
・打ち解けられない自分を治したい
・知らない人に話しかけられるようになりたい
・無言を作らずに会話したい
など。
そこから、
・楽しい話題を提供したい
・意味のある話題を提供したい
など考えだした。

そして今抱えていた悩みが
「人間関係しんどい」

つまり、しんどい人間関係を辞めるためにコミュ力をつけたのに、
気を使い過ぎて、逆にしんどくなっているという現状。
馬鹿だなあ。

と、ここまでは前回の記事でもなんとなく書いた。
次はその答え。

答えと今後

これからどうするか。
頑張ってもしんどいし。
頑張らなかったらそれもしんどい。

今までは、「外」に答えを求めて来た。
他人との距離感。
本や人、ネットから学ぶ情報。
吸収して、咀嚼して、モノにする。

ただこれからは、「内」と向き合わなくてはいけない。
誰と関わりたいか。
誰はいらないのか。
これは、自分の中に落とし込むためにリスト化しよう。
日々更新。
すぐできる。
それを基準に人を選別する。
選別は必要。
無駄な時間を過ごさないために。
自分が傷つかないために。

これはでは、「自分を」表現してきた。
これからは、「他人を」しっかり見ていく。
初っ端転んでも、後から挽回できるくらいのコミュ力はある。
一日目を「見抜く」時間にしてもいいかもなとさえ思う。

ここにまとめる
【関わりたい人】【関わりたくない人】

さいごに

今までの人生、色々考えてきたけど、
結局「これだけ」だったのかという結論を書く。

「関わりたい人を決めて、関わりたい人とだけ関わる」
ということ。

八方美人はみんなには好かれないし、好かれたい人にも好かれない。
それなら、好かれたい人にだけ好かれる努力をすれば、
他の人なんてどうでもいいじゃん。

シェアする