りは転職しました。

りは転職しました。
教祖になりました。
だからりのアカウントも名矢のアカウントも死んでるけどそれでいい。

ここ最近おかしくなったと言われる
「教祖になろう」とか
「中立案を売らずに武器を売ろう」とか
「頑張らずに金貰う方が早い」とか
そんな事ばっかり言ってるから

でも、おかしくなってないよって話を書く

まず、そもそもの生き方が変わった。
これまでは、
・真面目に生きる
・人に迷惑をかけずに生きる
・人を苦しめる事なく生きる
・できれば人をより良く導く
というのをモットーにして生きてきた。

しかしそれをしたところで、こちらにメリットはない。
ただ、自己満足でやっていた。
大義名分を言えば、人間という種全体の進化を目標にして。

ただそういう生き方をしながら、頭の片隅では理解していたことがある。
・クズの方が良きるのが楽
・クズの方が得をする
・人を騙せばすぐ金になる

でもクズにはならなかった。
それは、人に迷惑をかけるから。
人を騙すのは良くないから。

と思っていた

しかし実際は違った。
人はクズであるべき。自己中であるべきだと知る。
この理屈は教えたくないし、教えても俺にメリットがないから書かない。
今までの俺なら書いたと思う。
考え方を共有できたり、自分を知ってもらえる事をメリットに感じたり、その考え方によって相手が少しでも見分を広めれたらとも思っていた。
でもこれを読んでいる人の見分を広めたところで、俺に直接メリットがない。
お金くれたら解説してもいいかも。くらい。

さて、そこで、「人を苦しめてはいけない」「人を騙してはいけない」という大前提は変わっていないが、
”だましてあげた方が良い人がいる”という事に気づく。
だから「詐欺」で騙すのではなく、「心」を騙すことにした。
いわゆる、依存先の用意。
まるでディ〇ニーランドのような。

人はひとりで生きられない。
寂しいから。存在価値が欲しいから。
だから、嘘でも良いから自分を認めてくれる場所があるなら金払うだろ。と。

どういう仕組みでお金に変えているかは書けないが、教祖をやり始めて2週間ほどですでに4人、お金をくれる人が見つかった。
このまま組織化していけば、「楽して生きていく」どころではなく、帝国すら築けそうな感じがする。

ただ何も生み出さない。
生産性がない。
だが、俺のためでもあり、人のためでもある。
意味の分かる意味の分からない話だなとも思うが、俺はこれで生きていくことにした。

俺がしようとしていることは、もしかしたら社会全体の生産性を向上させているかもしれない。
俺自体は価値を生まないし、サービスも生み出さないが、
俺に金を使う人は、自殺することなく社会で働き続ける。
俺によって自殺を思いとどまり、社会で消費する。
それってもう価値を生み出しているのと同じなのでは?

たとえば

今までは、「仕事がつらい。」「生きるのが辛い。」という人がいれば
・どうすれば他人が改善されるか
・どうすれば環境から脱出できるか
・どうすれば自分をより良くできるか
などを考え、発信してきた。

だが今しているのは
つらいよね。わかる。と、ただ共感すること。
人はつらい環境を変えなくても、自分自身を変えなくても、受け入れてくれる場所が一カ所あれば、そこを心の支えにして生きていける。
根本的な解決なんてしなくたっていい。
俺も相手も楽。
しかもそれで金貰えるならいいじゃん。

苦しくて死ぬくらいなら、
最低限の生活をしながら、残りを俺に捧げる人生でいいじゃん。

という活動をしています。
そして、そっちでは弱音や本音は言えないから教祖を演じる。
そしてりのアカウントではくだらない事をつぶやいてる。
そんな現状。
だからおかしくなってないし、しっかり生きてるし、人のためになってる。

心配してくれてる人も多く、気にかけてくれたり、様子をうかがってくれる人が多いからこの記事を書いた。
ツイッターにも投稿したが、

ツイッター戦略とかフォロワー数とかファン化とか物販とか企業案件とか広告収入とか継続収入とか不労所得とか版権貸しとか安定収入とかお小遣い稼ぎとかインフルエンサーとか肩書無職とか出版オファーとかイベント登壇とかよくわからんけど
金くれる人見つけたら解決
この世の中、頑張る必要がない

というのが俺の出した答え。

シェアする